リーバイスジーンズの股穴、ポケット前穴の修理です。
全体的に補強修理しております。

前の穴修理:3000円~
後ろ側全体修理:6000円~

ジーンズに穴が空いてしまう場合、大抵表からの擦れが原因でおこります。
多いのは今回のケースの様に、前ポケットの全面のデニム生地・後ポケットから股下にかけての部分・・・
あとは膝全般というところでしょうか。

ジーンズを手縫いでご自分で直す場合

たまにお客様に、自分で修理するにはどうしたらいいか?と聞かれることがありますので少しご紹介いたします。

デニム生地が磨れると大抵表面の経糸がやせてきて切れてしまいます。
そういった磨れて切れるケースですと当然穴の部分だけでなく、穴の付近全体の生地が薄くなっています。
お客様がご自分で修理されるケースでよくあるのが・・・
穴の部分・切れた部分だけを手縫いでかがって直しているケース。
もちろんそれでも穴はふさがりますが・・・
当然周りの薄い生地を縫い付けているのでまたすぐ穴が開いてしまう。
それを何回も繰り返し穴の周りが糸のふちどりになっているようなジーンズをよく見ます。

なぜそのような事がおきるのかといえば当然弱っている部分をいくら補修しても切れてしまうのは必然です。

もし、ご自分でジーンズ・ジーパンの補修をしたいのであれば・・・

  • 裏にあて布をする
  • あて布は穴の部分ではなく、磨れている部分全体に大きくあてがう
  • 手縫いで直す場合、穴をかがり縫いするのでは無く当て布を全体で縫い止める様に縫う

様は・・・
穴をふさぐのではなく傷んでいる生地を「点」(部分的に加工)では無く「面」で補強するということです。

縫い方はぐしぬい(なみ縫い)でもかまいません。
縦に何本か縫い止めるだけでもいいですが裏あてした生地全体を囲って四角く縫っていくといいかもしれません。

 

と、ご自分でのジーンズの修理方法を書きましたが・・・
修理屋ですからできればご依頼いただきたいところです(笑)
ジーンズ・ジーパンの修理は当店(ジーンズリペア工房 jeans704)にお任せください。

ご郵送の際の方法

ご郵送で依頼の際は、icon_1r_64リペアカルテを依頼品に同胞してご郵送ください
電話でお問い合わせはこちら>>>連絡先:03-5443-6064
受付時間13:00~19:30(日・祝日除く)
(カルテをご印刷できない環境の際は、同じような書き方で紙にご記入いただき送ってください。)
事前にお電話をいただけますと幸いです。
カルテをお品物にご同封の上ご郵送ください。
カルテの書き方: ジーンズリペアカルテの書き方

ご来店の際の方法

お気軽にお問い合わせください。
電話でお問い合わせはこちら>>>連絡先:03-5443-6064
受付時間13:00~19:30(日・祝日除く)
お急ぎの際は直接ご来店いただいてもかまいません。 ご来店の際はカルテの記入は必要ありません。
店舗の場所:〒108-0014 東京都港区芝4-18-3 jtm-26 21
詳しくは、アクセスマップをご覧ください

LINEで問い合わせ
LINE@登録
FacebookMessengerで問い合わせ
FacebookMessengerで問い合わせ